2017-11-04

Empolio Armani.

Posted by  onodahitoshi

2017-11-02

Sizzle.

 

 

 

GU_onodahitoshi

 

GU_onodahitoshi_1

 

 

株式会社ジーユーの「GU ルックブック」の仕事。

 

スタイリングをブランディングする上で必要なのが、イメージの構築。

 

まず、服から「箇条書き」でキーワードを連想する。

 

そして、アウトプットの段階で、そのキーワードを物差しに、服のシズルをどこまで引き上げられるか。

 

そのフローがブランディングスタイリストでは重要である。

 

 

 

 

Posted by  onodahitoshi

2017-10-16

Form.

 

IMG_2825

 

 

あるインタビューコラムから、ファッションに関して「スタイル」についての記事を読む。

 

 

「「形」を知らなければ、「形無し」になる」、と。

 

 

ゆえに、「ファッションの古典を知るべき」という内容。

 

 

ただ、厄介なのは、今の時代はもっとそのさらに先に展開していて、一見、「形無し」のように思えても、時代のファッションの本質を突く「形破り」のケースが多く見られる。

 

形を知った上で、無意識に破るのはいいことだ。

 

それは変に悪目立ちすることとは異なり、その逆として、「古典、形に縛られることなかれ」で、形に溺れ過ぎるなということを形容している。

 

形。

 

その奥は、深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted by  onodahitoshi

2017-10-10

Holiday.

onodahitoshi_jpgp

Redbull Japan(レッドブルジャパン)の招待を受け、F1日本グランプリの観戦に。

 

モータースポーツの最高峰は、「最速を決定する」単純明快そのものだった。

 

スポーツ全般に言えることだが、「シンプルで分かり易い」のが一番の魅力なのだろう。

 

それはスタイリングも同様。

 

スタイリングをブランディングする上では、「シンプルで分かり易い」ことが一番伝わることである。

Posted by  onodahitoshi

2017-10-10

Posted by  onodahitoshi

2017-10-02

Posted by  onodahitoshi

2017-10-01

Lace up.

onodahitoshi

 

 

昨日のPen。

 

ダンヒルの撮影から。

 

今回の彼は、ベルルッティ結びのような独特な結び。

 

リアリティの演出のため、モデル自身に自由に靴紐を結ばせることを意図的に行う。

 

どのように結ぶのではなく、どうやって結ぶかが重要。

 

そんなモデルのアドリブもまた、自分にとって「スタイリングをブランディング」する上で大事な作業。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted by  onodahitoshi

2017-10-01

Posted by  onodahitoshi

2017-09-29

Suits.

livedoornews_高良健吾

Via:livedoor news

 

アットリーニの茄子紺のスリーピースを「とても気持ちがいい」と絶賛してくれた高良くん。

 

 

スタイリスト冥利に尽きる仕事。

 

 

高良くん、いつもありがとう。

 

 

Posted by  onodahitoshi

2017-09-29

Posted by  onodahitoshi

  • 次へ
最新の記事

Empolio Armani.

2017-11-04

Sizzle.

2017-11-02

Form.

2017-10-16

Holiday.

2017-10-10

2017-10-10

Hitoshi Onoda

Profile

  • Stylist
  • Fashion Director

CHOICE:02

Cotton White Rib Socks.

CHOICE:01

Folding Hanger Rail.

ファッションデザイナーの仕事がわかる本 著・小野田 史

Works photo