2017-07-14

Highroad.

 

 

akasaka

 

バレンシアガプレスルームからの眺望。

 

ファッションの課題。

 

さて、今また改めて探し出す、「普通」の在りか。

 

時代の「王道」、そして「流行」は今、どこに在るのか。

 

 

 

 

 

 

 

Posted by  onodahitoshi

2017-07-09

Tie.

 

A

 

タイは、「結んで」「締める」もの。

 

ただ「する」、だけは意味がない。

 

 

 

 

Posted by  onodahitoshi

2017-06-17

Retrospective.

 

 

a

街のファッションのムードは、今、クラシックというよりも、レトロ傾倒にある。

 

股上とワタリをしっかりととったタック入りのトラウザーズに、シャツをインする所作。

 

さらには、オープンカラーのシャツのインナーに白Tシャツを組み合わせて、黒髪の短髪を艶やかにまとめて眼鏡を合わせる。

 

そんなレトロな傾向性が、今のムード。

 

シャツとトラウザーズの着こなしについて。

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted by  onodahitoshi

2017-06-17

Cover.

 

Pen_一流品

 

 

名品、一流品という考え方を、ブランドネームだけに頼ってしまってはいけない。

 

「手縫いの工程が多い」上質なドレスシャツ。

 

それは、以前、実際にビスポークでシャツを仕立てた経験則でのセレクト。

 

スタイリングを担当させて頂いたPenの名品の表紙は、そんなキートンのシャツ。

 

 

 

 

 

Posted by  onodahitoshi

2017-06-11

Styling.

 

ONODAHITOSHI

 

 

スタイリストとしての『スタイリングのコンセプト』。

 

俯瞰(ふかん)の目で、点ではなく面と線でみる。

 

実(じつ)を基本に、虚(きょ)は、どこまでも虚。

 

共感が好感を招く。追求すべきは、共感覚である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted by  onodahitoshi

2017-05-10

Ad.

RIHANNA

 

良きADの、良き仕事。

Posted by  onodahitoshi

2017-05-10

Shirts.

A

 

シャツを着る。

前立ての有無、ポケットの有無から始まり。

ボタンをいくつ開けるか。

Tシャツを刺すか。

たったそれだけでも着こなしのバリエーションは十二分に広がる。

今、街の共感を呼ぶのは、オープンカラー(ワンナップカラー)のタックインに間違いない。

 

Posted by  onodahitoshi

2017-03-26

Trend.

a

 

例えばワイド。

 

トレンドのシルエットを、大人に着る。

 

闇雲なサイズアップやアメリカ製のスポーツではやっぱりファッションとしての格好はつかず。

 

質も良く、かつ仕立てが良くなくてはならない。

 

 

 

 

Posted by  onodahitoshi

2017-03-15

Dolci.

ARMANI_DOLCI

 

スイーツを頂きながら考えてみた、時代のトレンド。

 

シルエットの旬。

 

結果的には、「ビッグ」という形容よりも、「ワイド」の方が適当か-。

 

「ビッグ」と「ワイド」。

 

全くもって似て非なるもの。

 

 

 

 

Posted by  onodahitoshi

2017-03-14

Contemporary.

img_item_m_06

 

JOURNAL STANDARD relume 2017 ss LOOKBOOK

Photo:Yuji Fukuhara|eight peace

Hair&Make:FUMIKO HIRAGA | SENSE OF HUMOUR MANAGEMENT

Styling:Hitoshi Onoda(MEN)

 

 

最旬のムード。

投影したのは、コンテンポラリーストリート。

エレガンスな様相も孕(はら)み、キャバレロの靴すら、モードキックスのような印象に映る。

 

 

Posted by  onodahitoshi

  • 次へ
最新の記事

Highroad.

2017-07-14

Tie.

2017-07-09

Retrospective.

2017-06-17

Cover.

2017-06-17

Styling.

2017-06-11

Hitoshi Onoda

Profile

  • Stylist
  • Fashion Director

CHOICE:02

Cotton White Rib Socks.

CHOICE:01

Folding Hanger Rail.

ファッションデザイナーの仕事がわかる本 著・小野田 史

Works photo