2011-05-27

NIKKEI Archives<Photo-T>.

<ファッション・フォトグラファーが放つ、80年代の甘酢っぱくリアルな世界観>
『フォトTシャツでビーチスタイル』

 
世界の大舞台で活躍するファッション・フォトグラファーの感性はいつも刺激的で、ワクワクさせられる。
 名うてのファッション・フォトグラファーの撮る写真には、最先端のファッションとともに、彼らが理想とする世界がぎゅっと凝縮されている。ファッションを仕事とする人間にとって、その世界観に触れ、裏側にあるメッセージやアイデアの根源を読み取ることが、ファッション感度を養うには最適な手法だと思う。
 そんなファッション・フォトグラファーの中でも、いまとくに気分なのがパメラ・ハンソン。飾り気のないナチュラルなスナップ写真を得意とし、還暦目前のいまも現役バリバリ。海外版マリー・クレール誌をはじめ、ヴォーグ誌やエル誌など多くの雑誌・広告で活躍している。そんな彼女が放つ、思わずこっちがハニカんでしまいそうな、甘酢っぱいリアルな雰囲気の世界がいま、とても気に入っている。
 代表作『ガールズ』、『ボーイズ』を見ればわかるが、彼女の写真には青春の匂いが濃く漂い、80年代後半のロマンティックなムードを思い起こさせてくれる。10代の自分が憧れたちょっとオトナの恋愛観、そこから生み出される偶像的な映像をフラッシュバックさせるのだ。
 燦々と照りつける太陽の下、足もとは素足にデッキスニーカー、ダンガリーシャツをたなびかせながら黒のセルサングラスとともにオープンカーを走らせてFMをBGMに海へ向かう。恥ずかしくも、そんなスタイリングの妄想が膨らむ。それは若い頃に流行ったトレンディドラマの世界にも似ていて、当時の言葉で表現するなら、“シティ派”とか“ナウい”みたいな雰囲気かもしれない。
 そんなパメラのフォトTシャツが、いまイチ押しのアイテム。カップルをモチーフにしたほんのりと甘さの漂うアンニュイなモノクロのプリントが実にかっこいい。ファッションを覚えた頃のようなフレッシュな空気に誘われ、思わずビッグシルエットのバンダナ柄のシャツを腰に巻き、オーバーサイズのボードショーツとスケートシューズを合わせ、パメラの世界観たっぷりのビーチスタイルに浸りたい。

 パメラの作品が気分にフィットするのは、ウィメンズもメンズも共にファッションシーン全体が80年代に回帰しているからに違いない。ウィメンズではビッグショルダーが流行り、メンズではダブルのライダースジャケットが当たり年となっている。このフォトTシャツが80年代のアイコンであるライダースジャケットとマッチするのは、しごく当然のことなのだ。

パメラ・ハンソンTシャツ(FOTOFOLIO) パメラ・ハンソン写真集[Boys]、[Girls]

Posted by  onodahitoshi

最新の記事

Retrospective.

2017-06-17

Cover.

2017-06-17

Styling.

2017-06-11

Ad.

2017-05-10

Shirts.

2017-05-10

Hitoshi Onoda

Profile

  • Stylist
  • Fashion Director

CHOICE:02

Cotton White Rib Socks.

CHOICE:01

Folding Hanger Rail.

ファッションデザイナーの仕事がわかる本 著・小野田 史

Works photo