小野田 史  Hitoshi Onoda

ブランディングスタイリスト/Branding Stylist

1976年 静岡県生まれ

2001年 フリーランスとして独立

2006年 「ファッションデザイナーの仕事がわかる本」上梓


MAGAZINE
GQ JAPAN、Esquire、BRUTUS、Pen、LEON、MEN'S CLUB、MENS EX、OCEANS、Safari、FREE AND EASY、MEN'S NON-NO G、MEN'S NON-NO、GRIND、WARP MAGAZINE、COOL TRANS、Samurai Magazine、日経NET、MONO MAGAZINE、high fashion、COMMONS&SENSE、SPUR、and more…

ADVERTISING
CAPCON、RECRUIT、JAL CARD、SONY、SONY PICTURES、MORI BUILDING、Vodafone、Sogo & Seibu Co., Ltd.、KONAKA、SANYO SHOKAI、ISETAN、UNITED ARROWS、BEAMS、niko and...、B’s international、MURASAKI SPORTS、NEW ERA、Gravitate、MUSUHI、and more….

スタイリストアシスタント募集中

CHOICE:02

Cotton White Rib Socks.

CHOICE:01

Folding Hanger Rail.

ファッションデザイナーの仕事がわかる本
著・小野田 史

最新の記事

Form.

2017-10-16

  •  

    IMG_2825

     

     

    あるインタビューコラムから。

     

     

    スタイルについての記事を読む。

     

     

    「「型」を知らなければ、「型無し」になる」、と。

     

     

    ゆえに、「ファッションの古典を知るべき」という内容。

     

     

    ただ、厄介なのは、今の時代もっとその先に展開していて、一見「形無し」のように思えてしまっても、時代のファッションの本質は常に「形破り」にならなければいけないということだ。

     

     

    それは変に悪目立ちすることとは異なる。

     

    ただ、形に溺れ過ぎるあまり、「古典、形に縛られることなかれ」なのだと思う。